FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.05.29

化粧品の中身

こんにちは。
今回は真面目にスキンケアのお話しをしたいと思います。

今お使いになられてる化粧品の中身がどんな成分なのかご存じですか?意外に知らない人多いと思いわれます。食べ物なら中身を知らず口にする人はいないと思いますが、化粧品やシャンプーだと中身(成分)知らなくてもご使用になるのな何故でしょう?メーカーを信用しているから他ありませんが、肌に直接つける物なので、もうちょっとちゃんと知っておいたほうがいいのではないでしょうか?





なので今回はその中身ことをちょっとお話ししようと思います。けれどラウレス硫酸ナトリウムとか、ジメチコンがなんだとかって話しじゃありません。これについてはまた次回お話しいたします。その辺りをお知りになりたい方は、インターネットで検索してみてください。ご自身がお使いのシャンプーや化粧品の裏に書いてある成分を検索しいてみるといいもしれません。ちなみに先に書いてある成分のほうが配合量多いので、肌や髪に与える影響は大です。

この中身の話しを掘り下げていく前にちょっと価格について。商品には、研究費、CMなどの宣伝広告費、タレントの出演料、容器代からデザイン料など、中身だけでないものがすべて込みで値段になってます。そんなことは知っていることと思いますが、よく考えると、あれ?じゃあ本当の中身の値段って幾らなんだろう?って疑問がわいてきますね。

5000円の製品にそれらの経費を差し引いたら50円なんていっているサイトがありました。私も昔聞いた話ですが、某一流化粧品メーカーの1万円もするクリームの原価は100円だとか。ホントかどうかはおいといて、仮に中身の値段が50円だったとしたら、配合されている有用成分は多くて1割なので、50円の1割ということは5円??となりますね。。5000円もする化粧品を購入して有用成分が実質5円だなんてバカげた話、現実なんでしょうか?この辺に関しては美容界にいる私としても知るよしのない部分です。

当店など美容室で販売している商品は宣伝広告費がほとんどかかっていません。当店取扱いの「ユフォラ」と「AVEDA」はアメリカ製なので輸送費が結構かかっていると思いますが、何千、何万本で割れば1本当たりは大したことないでしょう。

また、これらの商品(ユフォラやAVEDA)と同じ成分のものを日本の化粧品メーカーが造ったら、CMなどの宣伝広告費、タレントの出演料などが、またかかりますから同じ金額ではまず無理、2倍~3倍高いものになるのででしょうね。

この辺はももう少しよく調べたら、ご案内いたします。では中身の話に戻りましょう。下の配合量の図をご覧ください。化粧品の中身の割合です。ちなみにシャンプー剤なんかも大体同じです。

全体の6~7割が「基材」と言われている「水や油、保湿剤、界面活性剤」などです。そして次の2~3割が(感触剤、安定剤)と言われる「防腐剤、PH調整剤、ポリマー材」などです。そして最後に、1割でも入っていたら相当優秀な化粧品と言われるでしょう「機能性原料」。

この「機能性原料」というものが、効能効果が期待される「有用成分」です。その商品の一番の売りであり、一番価値のある部分となります。逆に「機能性原料」以外はあまり肌に重要ではないことがなんとなく理解できます。


基材



なのに、CMやパッケージ、キャッチコピーが誇大表現して、イメージにお金を支払ってるって感じです。「ヒアルロン酸入り化粧水」「セラミド入り乳液」「ブラセンタ入り美容液」などの化粧品もそう。上の図でもうおわかりかと思いますが、ほんの少量、もしかしたら一滴しか入っていないかもしれないのです。

「飲むコラーゲン」なんての、これ超眉唾物です。私が思うに、膝の痛い人が「グルコサミン&コンドロイチン」なるものを摂取してもその痛い膝のその部分にだけピンポイントに作用してくれるとは到底思えません。全身くまなく薄まり、なんの必要もない部分にも分配されてるのではないでしょうか?

だから最大限に有用成分の効果を発揮するには、基材や添加剤で薄まっていない有用成分100%の「原液」を使用することが一番だと思います。

インフィスが取り揃えている「原液シリーズ」がそれです。種類は10種類。その中でもお手頃で身近な原液6種類をご説明します。

「イソフラボン」…オイリースキン、透明感
女性ホルモンに似た作用でお肌をツヤツヤにして潤いを与えます。男性ホルモンの支配下にある体毛のセーブや脂性肌の対策に。毛穴が目立たなくなり、薄毛やまつ育にも効果あるとか。

「植物性プラセンタ」…キメ、透明感、シミ・そばかす
新陳代謝、細胞の活性化。動物性プラセンタと比較しても同等かそれ以上の効果を発揮。動物性は匂いがちょっと、という方に最適。日焼け対策にも。


「コラーゲン」…弾力が欲しい、シワ対策
コラーゲンは生体成分、つまりもともと体内にあるもの。それが減ってくるとシワ、たるみの原因に。プラセンタで新陳代謝を上げ、コラーゲンで弾力を与えます。肌を柔らかくしバリア機能も高まります。


「植物性ナノセラミド」…乾燥を防ぐ、キメを整える
セラミドは皮膚の細胞の間を埋める成分。それが不足すると肌の水分が流出、バリア機能が低下して乾燥や肌荒れを招きます。


「ビタミンC誘導体」…紫外線ケア
紫外線を多く浴びてしまったその日のうちなら、なかったことにしてくれる効果があるそうです。


「ヒアルロン酸」…うるおい、ハリが欲しい
ヒアルロン酸1gで6000mlの水を蒸発させないパワーがあるそうです。ヒアルロン酸は上の5つの成分とは少し異なり、直接肌を動とかではなく、保湿の役目なので、表面に膜を張るような感じです。しかし油のような膜ではないので皮膚呼吸を妨げず、新陳代謝の邪魔をしません。


今お使いの化粧品にほんの一滴加えるだけでとても濃度の高い、素晴らしい化粧品に早変わりするのです。(1回分に1滴〜2滴)基本的には、無味無臭で刺激もありませんので、効果を感じられないかもしれませんが、翌朝、もしくは数日後に、お肌の変化にお気づきになられることでしょう。

シャンプーや化粧品は「ブランド」で満足してはいけません。本当に安全で効果の出るものであれば、無名でもかまわないのです。いやむしろ無名のほうが真面目に作っている物多いと思います。本物は必ず結果は出てきます。そして艶々な肌や髪を取り戻して、素敵な日々を過ごしましょう。

当店は続々と新しい無名の商品が入荷してきます。オーガニック、もしくは加工、添加されていない自然で安全な物だけを取扱うお店を目指していきます。

次回は顔と髪のためのモロカンクレイ(粘土)&ココナッツオイルでキメが整い、透明感のある肌になるメニュー&商品をご紹介いたします!お楽しみ下さい!すでにメニューには登場しておりますのでご興味のある方はスタッフまでお尋ね下さい。


この記事へのトラックバックURL
http://atlantis.blog20.fc2.com/tb.php/575-2eae71cb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。