--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.04.15

カロリー神話を斬る

<ネットから抜粋しました>


カロリーは、
「1gの水を1℃温度を上げる燃焼能力の尺度です。」
これを、権威の側はもっともらしく、
熱量等と表記するようである。
このカロリーに関する定義は、
それ以上のものでもなければ、
それ以下のものでもない。






そもそもは、
燃焼物、
燃料等の能力を推し量る為の尺度である。

ガソリン、石油、石炭他の・・

実際にこのカロリーの数値の測定は、

実際に燃やして計測している。

石炭も、石油も、バナナも実際に燃やして測定して、

その数値を決めているのである。

ここまで、説明して、

普通の人なら、

1.燃焼能力の尺度が、
なにゆえ、
我々の食物なんらかの基準になるのか?

2.実際に燃やして測定しているが、
我々の体内で食物が燃えるなどありえない。

3.そんな、現実離れした(食物を燃やして産出した)数値が、
なぜ、
血糖値に反映したり、
中性脂肪の蓄積に反映したり、
運動の量や質に関係するのか?
まったくもって、理解できない。

などと、疑問を呈することになる。

正しくは以下のようになる

1.カロリーの数値は、血糖値の上昇に寄与しない
2.カロリーの数値は、中性脂肪の蓄積に寄与しない
3.カロリーの数値は、運動の量や質に寄与しない

一応、
簡単に説明する。

まず、
バナナとアボガトで比較しよう。

バナナ  1本(約100g)糖質 21.4g 熱量 86kcal

アボガト 1個(約160g)糖質 1.4g 熱量 300kcal

カロリー教の人は、
アボガトはカロリーが、
バナナの3倍以上あるので、
血糖値や肥満を気にする人は、
バナナを食べましょう!

となりますが、
(糖質制限の人なら、呆れる理論ですが)

実際には、血糖値を上昇させるのは、
「カロリー(熱量)」ではなく、
「糖質」なので、アボガトを食べるべきです。
さらに、肥満が気になる人は、
血糖値の上昇分が、
中性脂肪にとってかわるので、
やはり、
血糖値を上昇させないアボガトをたべましょうとなります。

もっとわかりやすくいえば、

もし、あなたが、無人島に行ったとしましょう。
そこで、お湯を沸かそうとした場合、
バナナよりアボガトを燃料に選んだほうが、
短時間でお湯が沸きます。

ただそれだけのもので、
血糖値や、
肥満や運動との関連性が、
まったくないのがカロリーなのです。

たとえば、糖質と言う尺度で、
ものごとを考えると、

小学生でも理解できます。

たとえば、バナナを一本食べた。
バナナ1本の糖質は、21.4gです。

体重50キロの人の血液量は約4㌔です。
その血液の中に、0.1%の濃度で、
糖が溶けています。
0.1%ですから、4gです。
4gに21.4gの糖が加算されます。
当然血糖値ががくんとアップします。
単純に足し算してみましょう。
4g+21.4g=25.4gになります。
約6倍以上の血糖値になります。
(実際には、インシュリンの基礎分泌があり、
バナナの糖質の消化吸収にそれなりの時間と時間差が発生しますので、このようにはならない)

では、アボガトではどうでしょう?
アボガトはカロリーが高いから血糖値も上昇するし、
中性脂肪も増加し肥満になると言う
従来の権威の側の数字の根拠になる基礎数字の「300kcal」は、
いったいどのように、この「300」と言う数字は、
どのような数式で、どのような化学式で、
血糖を上昇させ、
上昇分の余剰の血糖がどのような数式で、
どのような化学式で、
中性脂肪に変化していくのでしょうか?

カロリーの数値が血糖値を上昇させる根拠になる
「化学式」「数式」「証明可能な文献」

カロリーの数値が中性脂肪を増加させる根拠になる
「化学式」「数式」「証明可能な文献」

カロリーの数値が運動にどのような影響を与えるか?
運動するとカロリーがなぜ減少するのか?

我々の人体で燃えることなどないのに、
実際に燃焼実験した数値を、
燃えることのない、
我々の細胞内の化学反応に、
使用し、あてはめようとするのか?

これらの、疑問に、
納得できる科学的なものを、
探しましたが、ありませんでした。

なぜなら、このカロリー神話の源流を辿ると、
そもそも、
物理学の理論を、何の根拠もなく、

生体反応に強引に当てはめただけの、

イカサマ理論なんです。

ようするに、
人間の体内は化学反応しており、
熱が発生する。

人間も、蒸気機関と同じ内燃機関である・・

我々は蒸気機関ではないが、
食物(石炭のようなもの)を食べ、
それらを体内で燃やして(燃焼させて)
体温を上昇させているのである。
(凄い科学である)

バナナを食べても、
血糖値が上昇して、
血流が悪化して、
代謝が抑制され、
身体が冷えるばかりですが・・
カロリーがありさえすれば、
体温上昇に寄与する・・
という思い込みや信念・・

そして、このイカサマ論に、
まったく疑問を持たず、
糖尿病患者に、
今日もカロリー制限を、
指導する医師達に・・

皆さん、何を感じるでしょうか?

カロリーという稚拙な短絡的な発想から、

カロリー神話の呪縛から今だ、
さめやらない人達に
捧ぐ
この記事へのトラックバックURL
http://atlantis.blog20.fc2.com/tb.php/537-9bc092bf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。