FC2ブログ
2012.09.21

UTMB/CCC 3日目 レース編 前半

ついにこの日がやってきた。モンブランをぐるっと回る100kmの旅。

CCC_MAP1.jpg

たった一年前にこのレースに出たという男と知り合い、こんなの出るのおかしいぜ、変態だぜ、考えられないと思っていたことを今自分がしている。まるで夢をみているようだった。しかしその夢もすぐに悪夢とかわり、終わりのない地獄の苦しみが待ちかまえている。今さらジタバタしても仕方ない、処刑台に向かう死刑囚かのように無の境地、淡々と支度をしていた。



ccc3_0.jpg

朝5時起床、まだ暗い中荷物チェック。

CCC3_1.jpg

6時半から開く朝食バッフェを大急ぎで食べ、ここシャモニ(フランス)からスタート会場のあるクールマイヨール(イタリア)に送迎してくれるバス(7:10発)に乗るため、集合へと急ぐ。

CCC3_2.jpg

バス乗りの列。

CCC3_3.jpg

さてバスに乗り、モンブランを突っ切るトンネルで反対側の街クールマイヨールに向かいます。

ccc3_26.jpg

フランスとイタリアの国境。なにごともなくパス。

ccc3_27.jpg

トンネル内。相当長く、関越トンネルレベルじゃないです。

CCC3_4.jpg

シャモニは雨。クールマイヨールは晴れ。

CCC3_5.jpg

シャモニでは顔を出さなかったモンブランが雄大に。

ccc3_34.jpg

セルフタイマーで自分撮り。8時には着いたが、スタートは10時。それまでここスケートリンクで待機。外も寒いがスケートリンク場内も寒い(^^;)入念にストレッチをし、あとは横になっているだけ。

ccc3_28.jpg

9時半前にスタート会場に向かう。場所知らないのでみんなに付いていく。見ておわかりのように寒い。この時の気温8℃。

CCC3_6.jpg

スタートゲート。大音量で音楽が流れているので、自然と高揚してくる。

CCC3_7.jpg

後方。最後列が見えない。総勢1800人超。

CCC3_8.jpg

のんびり写真撮りながらの旅の始まりです。

CCC3_9.jpg

あの街から登ってきました。

CCC3_10.jpg

その街があんなに小さくなった。

CCC3_11.jpg

一つ目のエイド、REFUGE BERTONE (ルフージュ・バルトン)1,989m/12km地点。やっぱコーラ最高!!^^

ccc3_29.jpg

二つ目のエイド、REFUGE BONATTI (ルフージュ・ボナティ)2,010m/22km地点。ここで日本人女性に「ここはどこですか?」と聞かれ、「27km地点のARUNUVA です。もう1/3終わりましたね」と応えてしまった。本当は21km地点なのでまだ1/4しか終わってない。(自分も次のエイド、本当のARUNUVAで気づき、ショックだった…(>_<))

CCC3_12.jpg

アルプスの雪解け水。

CCC3_13.jpg

遠くに見えた雪山がもう目の前に迫ってくる。

CCC3_14.jpg

日本の山と違って高い木々がないので行く先が丸見え。これが心折れるんだよね。

ccc3_30.jpg

はい!完全なる雪山。はい、真冬でございます。。

CCC3_15.jpg

写真には写ってませんが、雪降ってます。

CCC3_16.jpg

時折の強風で飛ばされそう。

CCC3_17.jpg

この女性恐ろしく元気!!大声で腰ふりふりして歌ってます(笑)

ccc3_31.jpg

GRAND COL FERRET 2,537m/31km地点。チェックポイント。しかし超吹雪!!真夏にこんな体験するとは思ってもみなかったです。手で顔を被わないと痛すぎて走れません。

ccc3_35.jpg

地面はドロドロ。まるで泥んこスキーです。

ccc3_40.jpg

山を越えると一変、天気は良くないですが静かな農村がありました。

ccc3_33.jpg

もうどこだか覚えていませんが、スイスっぽい。

ccc3_32.jpg

どこの家も綺麗に花が咲いてます。

CCC3_18.jpg

こんな路地もコースです。

ccc3_36.jpg

このレースの名前、CCCとは Courmayeur(スタート) 〜 Champex-Lac(中間地点) 〜 Chamonix(ゴール) の頭文字を取ってるんです。その中間地点 Champex-Lac(シャンペ湖)に10時間20分、ついに辿り着いた。

つづく。


この記事へのトラックバックURL
http://atlantis.blog20.fc2.com/tb.php/452-bf8fe4a7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する