FC2ブログ
2012.03.16

八寸

京都 祇園「割烹 八寸」にお邪魔してきました

R1034296.jpg






R1034295.jpg

一見が暖簾をくぐるには躊躇う佇まい

先客なし
無音の中、料理人三名の注目を一手に引き受ける羽目に
久しぶりに緊張した瞬間だった

まずは瓶ビールを手酌で頂く

R1034297.jpg

[先付 雲丹と湯葉豆腐の葛餡]
 凜とした家屋の冷えが和らぐ


R1034298.jpg

[八寸]
 春。手の込んでいる品々


R1034299.jpg

[鯉のお造り]
 さっきまで活きていたらしい
 のぞきの酢味噌に直接つけるのではなく、
 酢味噌を箸でちょんとつまんで頂くくらいがちょうどいい
 先月まではゲンゴロウブナのお造りだったとのこと
 「地球上で一番美味い刺身」と言う人がいるほど。残念


R1034300.jpg

[真鯛と赤貝のお造り、焼き雲丹醤油和え]
 身の温度管理と水分管理が申し分ない
 それにこの一見アワビの肝のようなとろっとした雲丹醤油がいい


R1034301.jpg

お椀が美しい


R1034302.jpg

[椀物 アイナメの…] 失念
 こんなに美味しい白身の椀を食べたことがない。言葉にならない
 これが一流の京料理と納得…


R1034303.jpg

[炊合せ]
 地味に中央に鎮座している高野豆腐がすごいと
 お隣のお客様(料理人らしき二名)が絶賛
 ご主人、にやり。これにはこだわりがあると


R1034304.jpg

[蒸し寿司]
 初めて食べた。まあ散らし寿司を温めたものという解釈でいいのか
 この頃はほろ酔い加減で記憶に薄い

R1034305.jpg

[焼き物 瀬戸内の天然鰻蒲焼き]
 昨年、琵琶湖の大鰻にはまり、天然物のすごさに感服したが
 旬の季節でないこの鰻には驚愕。今まで食した鰻の中で一番間違いなし
 撮り忘れたが、一人一人の食事に合わせ、土鍋で炊きあげる白米
 新潟県民脱帽… こんなに旨いごはんは滅多にお目にかかれない
 
DCF00036_20120317185525.jpg

 と思ったら携帯に一枚ありました。絶品鰻丼


R1034306.jpg

[水物]
 ノーコメント
 美味しくないわけでなく、普段食べないので評価できない

以上、とても素晴らしい料理の数々でした
後半はお隣のお客様やご主人とも気さくにお話しができ
さらに楽しい時を過ごすことが出来ました。おみやまで頂いて

また京都に行ったらぜひお邪魔させて頂きたいお店でした




この記事へのトラックバックURL
http://atlantis.blog20.fc2.com/tb.php/422-ced43585
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する