2009.04.28

ちょいとお先に、九十九里

先日のハセツネ30Kの結果に納得できない先輩が、
リベンジに行くと言っていたので(同じく自分も…)
お供したかったのですが、
日曜日のあの天気の良さをお店の中から見ていたら、
「よ~し、明日は海に行くぞ-!」というテンションとなり、
九十九里までHP用の写真撮影も兼ね、行ってきました。

続きを読む
Posted at 20:13 | ひとりごと | COM(0) | TB(0) |
2009.04.25

ハセツネ30K

記念すべき、第一回ハセツネ30Kに出場してきました。
先日の青梅高水山は思った以上の好成績だったので、
試走で心折れた、このハセツネも今度はいけそうな気がしていました。

が…、作戦ミス。。
トイレに並んじゃったおかげで、
スタート地点を20分も遅れてのスタート。

出走者1300人中、ビリから10番目くらいのスタートでとても焦りましたが、
山岳30kmコース、自分のペースを乱してリタイヤすることが一番怖かったので、
“焦るな、あとは抜くだけだ”と自分に言い聞かせ走りました。

林道2kmくらい進んだところから、沢に入り本格的なトレイルとなるのですが、
その沢の入り口に辿り着いて、目にしたものは!!!??
    
     ↓↓↓


続きを読む
Posted at 14:53 | RUN | COM(0) | TB(0) |
2009.04.07

第11回lafuma青梅高水山トレイルラン

4月5日、第11回lafuma青梅高水山トレイルラン(15Kmの部)に出場してきました。
1月のサイパンのレースに続き、2度目のトレイルレースです。

普段、12時~22時で働く者としては、JR青梅駅、徒歩10分の会場 “風の子太陽の子広場”に早朝8時50分までに受付を済ませるということは、相当、至難の技です。
さらに前々日より禁酒するということはもっと難儀でした。。
 ↑たった二日かよってツッコミはナシね(^_^;)

5時起床。興奮してか、全く寝れませんでした。
ぼーっとしたまま、東京駅6時38分発の中央線に乗り、一路青梅へ。

青梅に近づくにつれ、ぞくぞくとランナーらしき人たちが乗り込んでくる。ある種、殺気立ってるかの如く、緊張感バリバリです。みんな速そう… というお決まりの弱気が少し顔を覗かせますが、マラソンもトレランも、まずはそんな“弱い自分自身”との戦いだと思うし、目の前にいる人たちは、決して敵ではなく、全力で同じゴールを目指す同士だと思うと、逆に頼もしくも思えてくる。

実際、レース中、実力がきっ抗している者同士が集団となり、抜きつ抜かれつを繰り返す。辛くなり心折れそうになった時にも、その人たちがいるから走り続けられる。急な登り、休みたいけど止まらず、登り続けれる。辛いのはみんな同じなんだから。

そして、時折すれ違う、ハイカーの人達からの温かな声援。東京マラソンにはとても及ばないけど、その声援すべてが心に届きが、実力以上のパワーでゴールを目指す。
しかし、いままでも結構頑張ってきたけど、こんなにも人に「頑張れ!」と声をかけられたことってないから、素直に嬉しかった。(くっそ~っ東京マラソン出たいっ!笑)

さて、レースの結果はといいますと、
1079人中/300位内にかろうじて入ったという微妙な順位。。ちょっと悔しいのがそのタイム。1時間42分。つまり102分。あーぁ、あと2分速かったら100分切ったのに…。でもあの時はあれ以上、1分1秒も速く走ることはできなかったんだから仕方ないッス。スタート前は漠然と2時間切れるかな?ってレベルだったんだから良しとしましょう。

それにしても、自分より速い人(優れている人)が300人近くもいるという、この現実には打ちのめされます。そして静かなる闘志が!
なので、もっともっと走り込んで(素人レベルで・笑)、良い結果、満足できる結果を残していきたいと思いました。

R0011891.jpg
参加賞のヒップバッグ。
参加費4,000円なのに、これが貰えるって結構お得。しっかりして安定しているとはいえ、当日のレースで速攻使用してるランナーが結構いたのには驚いた。

そして、次回は、メインイベントの「ハセツネ30K」。
制銀時間7時間、3カ所の関門を時間内にクリアー。
ハイカーのいない山道はエイドもなければ、人からの水や食糧の補給も禁止。
本当の意味で孤独なレースとなりそうだ。



Posted at 20:34 | RUN | COM(1) | TB(0) |
2009.04.03

ハセツネ30K 試走

前回に引き続き、翌週の月曜日(3/26)、ハセツネ30Kの試走に行ってきました。

R0011765.jpg続きを読む
Posted at 20:17 | RUN | COM(0) | TB(0) |